「ダイハツ キャスト」の車中泊情報まとめ

2018年7月16日月曜日

ダイハツ キャスト 車中泊

t f B! P L

「ダイハツ キャスト アクティバ」で車中泊をする際の覚え書き。


■ ダイハツ キャスト アクティバで車中泊は可能なのか?



助手席のシートを倒して、ちょっとしたマットを敷けば、そこそこ快適な車中泊環境が出来上がります。

あくまでも、そこそこ快適 であるのは、シートを倒してもフルフラットになるわけではないのと、身長172cmの自分には余裕があるわけではないことが理由です。(身長165cm以下の方なら、かなり余裕ができるので、快適に過ごせると思います!)


何にせよ、可能かどうかと問われれば、可能です!と答えることはできますが!


■ 車中泊の準備


狭い車内になるべく快適環境を作るためにはどうすればいいか?
試行錯誤中な部分もありますが、ここまでの経過を書いていこうかと思います。

・ベッドメイキング


車中泊をするにあたって、なるべく快適な就寝環境を作るには、シートを倒してから、その上にマットレスを敷くことが必須です。
サイズ的にちょうどいいので、自分は「しまむら」で2900円購入した「マルチごろ寝ふとん」を利用しています。

>> 詳しくはダイハツ キャストでベッドメイキング


※ 2019年6月現在、Amazon 購入のエアマットレス(ハンドポンプ式)を利用するようになりました。

※ 2019年9月現在、Amazon 購入のエアマットレス(膨張袋付き)を利用するようになりました。


・カーテン


寝ている最中に車内を覗かれると気になるし、セキュリティ的にもよろしくないので、車中泊時に車内カーテンは必須です。
専用品があればそれを使うのがベターですが、ない場合は、自作するか、汎用品を使うか、の2択になるかと思いますが、自分は汎用品の車中泊用カーテンを利用しています。

>> 詳しくは車中泊用のカーテンについて

■ 車中泊時の便利アイテム


・アルポット、シートテーブル、ミニテーブル等


車内でお湯を沸かし、カップラーメンを食べるための環境整備について。

>> 詳しくはアルポット購入、車内で利用するには?

■ 車中泊体験

実際に車中泊(仮眠)をしてみた時の体験談をまとめてみました。
各記事は、ほぼ日記ですので、多分に個人的感想を含みます。
車中泊場所は、基本、道の駅ですので、中部地方の道の駅巡りをされる方のルート参考等になれば嬉しいです。


・2019年10月某日、「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 伊豆ゲートウェイ函南 で車中泊


・2019年9月某日、「道の駅 ふじおやま」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 ふじおやま で車中泊


・2019年8月某日、「道の駅 飛騨白山」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 飛騨白山 で車中泊


・2019年8月某日、「道の駅 南飛騨小坂はなもも」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 南飛騨小坂はなもも で車中泊


・2019年7月某日、「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 紀宝町ウミガメ公園 で車中泊


・2019年6月某日、「道の駅 飯高駅」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 飯高駅 で車中泊


・2019年6月某日、「道の駅 うすずみ桜の里・ねお」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 うすずみ桜の里・ねお で車中泊


・2019年5月某日、「道の駅 あやま」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 あやま で車中泊


・2019年5月某日、「道の駅 おばあちゃん市・山岡」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 おばあちゃん市・山岡 で車中泊


・2019年4月某日、「道の駅 掛川」で車中泊をしてきました。


>> 詳しくは道の駅 掛川 で車中泊


・2018年8月某日、自宅の庭で車中泊をしてみました。


>> 詳しくは自宅で車中泊体験


以上!

QooQ

PAGE TOP